前へ
次へ

転職時に非正規雇用の営業求人を探すのもあり

給料が高い雇用が安定しているなどの理由のために、転職時に、正規雇用の営業求人を探す人は多いです。
もちろん、正規雇用はメリットが多く、問題がなければ志望してもいいでしょう。
しかしながら、正規雇用の場合は、採用されにくいというデメリットが存在します。
正規雇用を志望して、採用されないまま時間が経過してしまい、数年レベルのブランクが出来てしまうのはよくありません。
数年レベルのブランクが出来てしまうなら、アルバイトやパートの採用をみてみましょう。
アルバイトやパートで営業の仕事をしつつ、正規雇用の営業求人を確認して正社員になるというのも可能です。
また、転職時に探してる営業求人には、初めは非正規だけども、営業成績や勤務態度などがよければ、正社員登用するということも少なくありません。
アルバイトやパートだとしても、キャリアに入れてくれる会社も少なくなく、ブランクがあるという状況よりはいいでしょう。
目安として、正規雇用の求人を3~6か月探してだめなら、非正規雇用で働き出すというのがいいのではないでしょうか。

Page Top